ホテルオークラ東京と「マレーシアにおけるビジネス機会」セミナー③ 砂糖と高級ホテル

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

私たちの商品、ゆず抹茶・ジンジャー抹茶に使っているてんさい糖は、北海道で作られる、てんさいという野菜からできています。

優しい甘さで、後味がいい。

ゆず抹茶・ジンジャー抹茶を作るとき、てんさい糖ではない、一般的な上白糖でも試しましたが、

毎日飲みたい味ではないよね、という仕上がりでした・・・・。

「てんさい糖」の原料は、「てん菜」の根の部分。葉を切ってから、まるまると実った根を機械で収穫します。1つの重さは800g~1kg。~途中省略~ 10月中旬ごろから3月まで、工場はフル回転で製造します。

引用元:ホクレン

12月の今は、ちょうど、収穫された「てん菜」から「てんさい糖」が作られています^^

ところで、マレーシアには、砂糖王、ホテル王とも言われる、ジョホール・バル生まれの華人、ロバート・クオックさんという方がいます。

製糖事業からホテル事業、不動産から食用油の製造まで、幅広い事業を展開するクオックグループの創設者です。

ホテル事業は、香港を拠点にシャングリ・ラ・ブランドで展開していて、日本にあるのはシャングリ・ラ・ホテル東京。

ゆず抹茶やジンジャー抹茶を飲んで、リラックスして、高級ホテルみたいに落ち着いた気持ちになってもらえたらいいなと思います^^

Leave a Replay

About Me

私たちヘルススクラム北海道は、業種の枠にとらわれず、健康的な生活を支える様々なサービスを提供します。

Category

Category

Recent Posts

Follow Us

Weekly Tutorial